2013年12月10日

大井剛史

大井剛史
201110210002_b.jpg
1974年生まれ。17歳より指揮法を松尾葉子氏に師事。 東京芸術大学指揮科を卒業後、99年同大学院指揮専攻修了。故若杉弘、故岩城宏之の各氏に指導を受ける。96年安宅賞受賞。 スイス、イタリア各地の夏期講習会においてレヴァイン、マズア、ジェルメッティ、カラプチェフスキーの各氏に指導を受ける。
2000年〜2001年、仙台フィルハーモニー管弦楽団副指揮者。2007年〜2009年3月までチェコ・フィルハーモニー管弦楽団にて研修。 2008年アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールで第2位入賞。
2009年、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉常任指揮者、2013年4月より山形交響楽団正指揮者に着任。 このほか国内のオーケストラでは、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、群馬交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、広島交響楽団、九州交響楽団などを指揮し、いずれも高い評価を得ている。






オペラの分野では、2002年モーツァルト劇場公演「ペレアスとメリザンド」(ドビュッシー)でデビュー。2003年に初演した「不思議の国のアリス」(木下牧子)の公演は、三菱信託芸術文化財団奨励賞を受賞している。 オペラ以外の舞台音楽では、2004年にミュージカル「ウェスト・サイド・ストーリー」(バーンスタイン)を指揮。バレエの分野では2008年より新国立劇場バレエ団の公演を指揮、国内を代表するバレエ団が一堂に会した「NHKバレエの饗宴」を2012、2013年と指揮し好評を得た。この他、現代作品の初演、吹奏楽を指揮するなど、幅広い分野で目ざましい活躍を続けている。



■主な共演オーケストラ■
仙台フィルハーモニー管弦楽団
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉
東京フィルハーモニー交響楽団
東京交響楽団
新日本フィルハーモニー交響楽団
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
大阪フィルハーモニー交響楽団
群馬交響楽団
名古屋フィルハーモニー交響楽団
広島交響楽団
九州交響楽団
仙台市民交響楽団
山形プロウィンド

■オフィシャルWEBサイト■
http://conductor-ooi.mimoza.jp/profile/


posted by clasica at 23:57 | Comment(0) | 音楽家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。