2011年02月17日

河原哲也

河原哲也
kawahara.gif
東京音楽大学指揮科卒業。同大学研究科指揮専攻修了。指揮を三石精一、松本紀久雄、音楽理論を有馬孔子の各氏に師事。在学中よりオペラ公演の音楽スタッフとして活動をはじめ、1989年の二期会ヨーロッパ公演「ちゃんちき(團伊玖磨作曲・指揮)」では副指揮者として同行した。現在、新国立劇場、二期会、オペラ振興会等で合唱指揮、副指揮者を務めている。また、新宿区民オペラ「アイーダ」、荒川区民オペラ「カルメン」、長野「魔笛」、長野県オペラ協会「ヘンゼルとグレーテル」等を指揮し、好評を得ている。
コンサートでは、東京シティフィルハーモニック管弦楽団など、各地のオーケストラを指揮し、また東京大学管弦楽団をはじめとする学生オーケストラやアマチュアオーケストラも多数指揮している。その他、吹奏楽やミュージカルなど、幅広く活躍している。




タグ:指揮者
posted by clasica at 20:11 | Comment(0) | 音楽家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。