2018年06月30日

西村友

西村友


you.jpg

情熱的な表現を得意とするイタリア型の指揮者。

指揮法は、齋藤指揮法をかなり忠実に守っている印象。ミュージカルやアマチュア吹奏楽との客演が多いが近年、オーケストラの客演や作曲にも積極的に活動している。






神奈川県鎌倉市生まれ。 県立高校を経て、東京音楽大学器楽科に入学。後に作曲・指揮者の道を志し転向する。紙谷一衛のもとで研鑚を積む。指揮を紙谷一衛、故松本紀久雄に、ピアノを鈴木かおり、渡辺真知子に、和声・作曲法を糀場富美子、服部京子に、楽器法を山本孝にそれぞれ師事。

1998年よりのロングランミュージカル劇団四季のミュージカル『ライオン・キング』を初演から指揮しているほか、ミュージカル「ルビチ」のアレンジ、バレエ「ジャン・コクトー」のアレンジ・音楽監修、ミュージカル「家なき子」のアレンジ・指揮、「椿姫」「カルメン」「愛の妙薬」等々オペラの副指揮、「兵士の物語」、市民ミュージカル・オペラなど舞台音楽も多く手がけている。

また 国内の様々なアマチュア楽団との演奏会も時間の許す限り積極的に行っており、プロ・アマチュア関係無く音楽の素晴らしさを体中から放っている。 北里大学吹奏楽団、青陵ウィンドオーケストラ、フィールウインドオーケストラ、YUU管弦楽団、相模混声合唱団等 大学や市民オーケストラ・吹奏楽団・合唱団などの指導・指揮も行っている。

2003年、サンクトペテルブルクで行われたプロコフィエフ国際指揮者コンクールでは、本選出場を果たす。同地にて得た知己により海外での演奏機会も増えつつある。リスボン交響楽団からのオファーもきている。


2006年 ミュージカル「グランド・ホテル」初演指揮・編曲
2007年 劇団ひまわり ミュージカル星の王子さま 劇中曲の作曲・編曲「5000本の赤いバラ」「砂漠のヘビ」
2007年 ミュージカルハウ・トゥー・サクシード指揮
2008年 劇団ひまわり『銀河鉄道の夜』の作曲・指揮

2009年 日本ウエストミンスターよりCD『LET’S GO CHEERFUL!「歩け!歩け!」』が発売される

2010年 「ルース・アズール」への楽曲提供

2016年 「ある英雄の記憶 〜「虹の国と氷の国」より」:作曲(2015年)(第64回全日本吹奏楽コンクール課題曲V)作曲
2017年 Osaka Shion Wind Orchestra 正指揮者に就任









posted by clasica at 12:44 | Comment(0) | 音楽家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。